しつみん

質の良い睡眠をとって快適な生活を。

朝ごはんが食べれない!寝起きに食欲なくても食べたほうがいい食べ物とは??

毎日しっかりと朝ごはんを食べている方は多いと思いますが、毎日食べてない人、時には食欲がなくて朝ごはんにあまり手を付けずに家を出てしまう人も多いのではないでしょうか?寝起きで食欲がないと感じる人は少なくないですが、食欲がない時は無理して食べる必要がない気がしてしまいます。そもそも朝ごはんって本当に必要なんでしょうか?

 

 

朝ごはん、食べる?食べない?

朝ごはんを食べる理由は様々ですが、寝起きの脳や体を覚醒させる為だったり、1日体を動かすために必要なエネルギーを補給したり自分の為に必要なことだと言われています。しかし一部では朝ごはんを食べる事によって病気の可能性が出てくるなどの情報もあります。

 

ですが朝ごはんを食べることで寝起きで回っていなかった脳や体が働き始めるのも事実です。食事の成分が覚醒に効果があるということも言われていますが、単純に食事をすることにより体を動かさなければならない状況にしているからだんだんと体は覚醒していきます。

 

朝ごはんを食べたら次は歯磨きをして、服を着替えて、と1回体を動かしてしまえばそのまま流れで朝の準備がスムーズに終えられます。1日の流れを作るために寝起きの体を動かしている人も少なく無いと思います。

 

毎日朝ごはんを食べる事により体が覚醒する人もいれば、朝は食べずに1日を迎える人もいます。しかしどちらが正しいというのはないと思うんです。朝ごはんが体に悪いと思って毎日朝ごはんを食べていた人が朝ごはんを抜いて仕事をしたら、きっと体の調子は狂います。

 

逆も然りなので、自分の生活習慣に合わせるのが一番いいのではないでしょうか?小さいころから殆ど朝ごはんを抜かずに育っていれば、毎日朝ごはんを食べないとすっきりとした気持ちで仕事に行けなかったりすぐにお腹が空いてしまいます。

 

寝起きの体にはこれを食べよう!

寝起きの体を覚醒させるための朝ごはんに良いと言われている食べ物はどんなものが多いのでしょうか?

 

大豆や豆、ナッツなど

自然にできるものなので体にも良く、ある程度の脂肪分などをとってくれると言われています。しかしナッツばかり食べているのも飽きてしまいますし、量を食べないと満足感がなかなか得られないかもしれないので、コーンフレークなどに混ぜて食べてみるといいかもしれません。

 

卵はタンパク質が多く含まれていて、脂肪やビタミンといった体に必要な栄養分を多く含んでいます朝ごはんに卵焼きやスクランブルエッグをよく見かけるのは、卵が朝ごはんに向いているからなんです。

 

ブルーベリー

ブルーベリーに含まれている成分が脳細胞の損傷などから保護してくれたり、脳の病気を予防してくれる力があると言われています。しかしブルーベリーだけでは食べにくいので、ヨーグルトに入れたりすると食べやすくなります。またブルーベリーは目にもいいと言われているので、視力が落ちてきていたり目になにか不安がある場合摂取してみるといいかもしれません。

 

バナナ

手軽に食べられるので忙しい朝にも向いている果物です。バナナには糖質が沢山含まれているので脳の覚醒にもよく、消化もゆっくりですぐにお腹が空くことが少ないので朝ごはんにとても重宝されています。時間がある時はミキサーにかけてバナナジュースや他の果物と混ぜてフルーツジュースを作ってみるのもいいかもしれません。

 

ホットミルク

牛乳が朝食に出てくる家庭も多いと思いますが、時期によっては朝から冷たい牛乳を飲むのは辛いかもしれません。そんな時は温めたホットミルクで心も体もポカポカさせちゃいましょう。

 

牛乳は胃腸の働きを活発にしてくれるので便秘解消になりますし、カルシウムやミネラルなど豊富な栄養素が含まれています。果物との相性も抜群なのでバナナやいちごなどと一緒に取ってもいいでしょう。

 

青汁

朝は何かと時間がないことも多いです。もしフルーツジュースなどを作る時間がなければ、青汁で手軽に必要な栄養素を補うことができます。青汁は食物繊維がたっぷり含まれているのでお通じにもいいですし、ダイエット効果もありますので忙しい朝は試してみてもいいかもしれません。

 

これらの食べ物は市販で簡単に手に入るし、食べるのにもそんなに時間もかからなければ準備の手間もありません。忙しい朝にはもってこいの食べ物ばかりなので、朝ごはんに悩んだら簡単に食べられるこれらの食品を食べてみましょう。

体の中から温まる体質に改善!?温めて飲むオーガニックフルーツ青汁を試してみました!

食欲がないのは前日までの行動も関係ある!?

朝ごはんに向いていて尚且つ簡単に食べられるものがあれば、毎日朝ごはんを食べられそうな気がしますが、いざ朝ごはんを食べようとしても食欲がわかないこともあります。なぜ起きたときに食欲がわかなくなってしまうのでしょうか?

 

就寝前の食事

寝る前に食事をしている人は、寝ている間に胃が食べたものを消化していることになるので朝起きたときに胃が疲れてしまうんです。本当は寝ている間に胃もしっかりと休息を取らなければなりませんが、寝る前に食べてしまった夜食のせいで胃が休息できなくなってしまっているんです。

 

そのため朝起きたときに胃もたれのような不快感から食欲がなくなってしまうんです。胃を休ませて朝ごはんをしっかり食べるためにも夜食はやめましょう

 

ストレス

ストレスを感じ続けてしまうと自律神経の乱れに繋がります自律神経は睡眠や食事と言った人間の生活にとても大きく影響をしているので、乱れてしまうと食欲のコントロールができなくなってしまうことがあります。

 

食欲がなくなることもあれば反対に過食になってしまう場合があります。ストレスのように不安ごとを抱えているときはそちらにばかり考えがいってしまうので、食欲がなくなるということはよくあります。

 

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れているとどうしても、変な時間にご飯を食べてしまったり朝寝て夕方起きるというような生活になってしまいがちです。生活習慣が乱れてしまうと決まった時間にご飯を食べなくなるので、体内リズムがいつまでたっても整わず朝ごはんの時間だけでなく常に食欲がないという状態が続いてしまう場合もあります。

 

寝起きで食欲がないのは体内時計がくるってしまっているせいかもしれません。まずはしっかりと決められた時間に寝るようにしましょう。

 

朝ごはんを抜くと少なくとも体に影響がある

朝ごはんを食べる食べないは個人の生活習慣によるものでいいと思っています。しかし朝ごはんを食べる事が日本では当たり前のようになっています。なぜ当たり前のようになっているのかというと、朝ごはんを食べない事で朝ごはんを抜いている時の体への影響が大きく表れるからなんです。

 

まず最初にもはなした通り朝ごはんは体や脳を覚醒させて、1日をしっかりと過ごすためにも大事なことと言われています。寝起きの体を動かすにはもってこいなんですね。

 

朝起きてすぐにハードな運動をすることが出来るのはごく一部の人間しかいないので、毎日の生活に少しでも体を動かしてあげる流れを作ってあげると良いと思います。そんな朝ごはんを抜いてしまうと、どんな影響があると言われているのでしょうか?

 

体温の低下

朝ごはんを抜くことでそれだけ活動量が減るわけなので、体温が中々上がりにくいです。体温が下がっても特に体への問題はないように思いますが、体温が下がると基礎代謝が悪くなります。基礎代謝は何をしていなくてもエネルギーを燃焼してくれる人間の機能です。

 

エネルギーの燃焼量が減ると体の中に脂肪分を溜め込みやすくなるので、ぶくぶくと太っていきます。何もしなくても基礎代謝が高ければ高いほど、脂肪を燃焼してくれるのであれば代謝は高い方がいいですよね。体温を上げるためにも朝ごはんは必要です。

 

朝ごはん抜きは太りやすい

食事量を制限して朝ごはんを抜く人はいますが、例えば前日に20時に夜ごはんを食べて睡眠を7時間とり、朝ごはんを抜いて昼休憩でご飯を食べるとなると時間にして約16時間食べていないことになります。

 

長時間空腹状態でいると、次に食事を摂った時に必要以上の量を食べてしまうことがあります。食事のコントロールができなくなってしまい、空腹だったところに過食をすると血糖値が急上昇してしまいます。

 

急上昇した血糖値を下げるために体内に脂肪と結びつきやすいと言われているインスリンが大量分泌してしまい、太りやすくなってしまいます。

 

ダイエットの為に朝ごはんを抜いている人は多いですが、少量でもいいので食べておくようにしましょう。1度や2度朝ごはんを抜いたぐらいではそこまで気にならないかもしれませんが、毎日続いてしまうと体によくないんです。

 

朝ごはんを食べて寝起きの体を起こそう

寝起きで食欲がないのは、前日の寝る前の過ごし方にも問題がある事がわかりました。

 

  • 寝る前の食事で胃が疲れてしまっている
  • ストレスで自律神経が乱れている
  • 生活習慣が整っていない

 

などの原因で、朝眠りから覚めたときに食欲がなくなってしまっています。また朝ごはんを食べないと体にも影響があることがわかりました。

 

  • 体温の低下が原因で代謝が悪くなり、脂肪を溜め込んでしまう
  • 空腹時間が長いと太りやすい体になってしまう

 

健康な体でいるために朝ごはんはできるだけ食べるようにしましょう。しかし健康でいるためには朝ごはんを食べるだけでいいというわけではありません。

 

自分の体が必要としている睡眠量をしっかりとって、軽く運動をすることもとても大事です。睡眠不足が続いて「家を出るギリギリまで寝ていたい」という気持ちから朝ごはんを抜いてしまう人も少なくありません。簡単なものであれば10分で朝ごはんは食べる事ができるので、少しだけ早起きを心がけてみましょう。

 

もし朝ごはんを食べる時間がない場合はホットミルクや青汁など手軽に用意できるものでも、たんぱく質や食物繊維などの必要な栄養素を取ることができます。便秘解消にも有効なのでダイエットにもいいでしょう。体を温めて脳をしっかり働かせるためにも朝ごはんはしっかり食べましょう

 

体の中から温まる体質に改善!?温めて飲むオーガニックフルーツ青汁を試してみました!

 

カテゴリー