しつみん

質の良い睡眠をとって快適な生活を。

ヨーグルトを寝る前に食べるとどうなるの?驚きの効果とは?

ヨーグルトを寝る前に食べると良い効果があるという話を聞いたことがありますか?小さい頃からヨーグルトを食べる習慣がある人も多いのではないでしょうか。

 

 

寝る前にヨーグルトって食べてもいいの?

ヨーグルトは食べるだけでなく飲んだり、料理に入れたりと取り入れ方も様々なので、食卓で見かけることも多いと思います。味もジャムを入れて変化させたり、フルーツが入っていたり、アイスクリームに近いものがあったりといろんな種類がありますね。女性の人だとデザートとして好きな方も多いのではないでしょうか?

 

ヨーグルトは牛や羊、ヤギや馬などのはっ酵乳を元に作られています。乳酸菌や酵母によって作られた発酵食品なんですね。ヨーグルト独特のさわやかな風味も発酵食品ならではなのです。

 

ヨーグルトは乳酸菌できていますが、乳酸菌はあちこちにいて私たち人間の体の中にも存在するのです。ヨーグルトの乳酸菌で代表的なものはビフィズス菌やがセリ菌、ブルガリスク菌やサーモフィルス菌など、善玉菌として活動するものも多いのです。

 

寝る前に食べるヨーグルトは特に体にいいと言われています。今や日常にかかせないヨーグルトですが、私たちにどのような効果をもたらしてくれているのでしょうか?

 

ヨーグルトは美容にも健康にもいい?ヨーグルトの驚きの効果とは?

普段何気なく食べているヨーグルト。栄養があるとか体にいいとはよく聞くけれど、いったいどんな隠された効果があるのでしょうか?効果を知ってから食べていきたいですよね。

 

便秘解消

人間の町内には善玉菌と悪玉菌の二種類がいます。便秘の人は腸の中に悪玉菌が増えてしまい、ガスがたまって腸内環境が悪くなってしまいます。悪玉菌を減らすのにヨーグルトが有効なのです。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌とビフィズス菌は善玉菌の活動を優勢にし、悪玉菌の働きを抑えてくれるのです。善玉菌が活発になれば腸にいい刺激が起こるので、消化がよくなり便秘も改善されるのです。便秘が解消されることによりダイエットにも効果ありです。

 

不眠解消効果

ヨーグルトを食べると腸の動きが活発になるのと、セロトニンも作られます。セロトニンは興奮を抑え、脳をリラックスさせる効果があります。逆にセロトニンが減るとストレスがたまって睡眠不足やうつ病などの原因になってしまいます。腸内環境が整うとぐっすり眠れるというデータがあるので、ヨーグルトを取ることによって寝つきがよくなるのは関係があると言えるでしょう。

 

美肌効果

腸を活発にすることは美肌にも繋がります。便秘が解消されると老廃物が解消されやすくなるので、代謝や血行がよくなります。肌の老化は栄養の低下が原因になるので、代謝や血行がよくなり、必要なエネルギーや栄養が循環するようになると肌が以前よりもキレイになるのです。

 

疲労回復効果

ヨーグルトの乳酸菌が生きて腸まで届くと、腸が善玉菌を増やしてくれるので、腸の動きが活発になります。腸の老廃物が排出されると必要な栄養素が体に吸収されるので、たまった疲労をしっかり分解してくれるのです。同時に代謝や血液の循環もよくなるので、あらゆる健康面にも効果があるのです。

 

コレステロールを下げる効果

ヨーグルトの原料は牛乳なので、脂肪が高いんじゃないかと心配されている女性の人は多いです。実際は成分が調整されているので心配ありません。メタボ気味の人は悪玉コレステロールが多いのを気にされている人もいますが、ヨーグルトは悪玉コレステロールを下げる効果があります

 

ヨーグルトは結局いつ食べるのが一番いいの?

ヨーグルトは食べる時間によって効果が変わるといいます。どの時間帯に食べるのがいいかで悩んでいる女性は結構多いです。どうせなら効果がある時間帯に食べたいですよね。ヨーグルトを食べるのにいい時間と言われているのが「食後」「朝」「夜」になります。反対に特に食べてはいけない時間などはありません。

 

唯一大切なのは「毎日食べること」です。どこのヨーグルトでも、一気に乳酸菌を増やせるというタイプのものはさすがにありません。なので毎日食べることで、確実に腸内に乳酸菌を増やすことができるからです。朝のお通じをよくしたいのであれば、夕食のデザートにヨーグルトを食べるのがいいでしょう。空腹時にヨーグルトを食べてしまうと、乳酸菌が胃酸で溶けてしまうので、食べるのはできたら食後がいいようです。

 

腸は脳が熟睡して副交感神経に変わった時間帯が大腸がもっとも活動するタイミングです。時間でいうと夜の22時から深夜2時の間になります。腸が活動するベストな時間に乳酸菌を届けるには、だいたい就寝2~3時間前にヨーグルトを食べましょう

 

ヨーグルトを食べる際に注意点はあるの?

話を聞けば聞くほどいいことづくめのヨーグルト。しかし食べ方を間違えてしまうとあまりよくないみたいです。ヨーグルト生活を始める前に、どんな所に気をつけておけばいいのでしょうか?

 

食べ過ぎない

ついついヨーグルトがおいしくて止まらなくなってしまう場合もあるでしょう。いくら食べても悪いイメージはないですが、実は食べ過ぎると胃に負担がかかったり、お腹がゆるくなります。加糖タイプのものを食べ過ぎると、当然糖が増えます。

 

日中に差し支える可能性があるので摂取量も注意した方がいいかもしれません。1日の目安は200~300グラムと言われているので、そこまで少なくはないと思います。

 

乳酸菌との自分の相性考えないと意味がなくなる

私たちの体にも乳酸菌がいるので、ヨーグルトの乳酸菌と相性が悪かった場合、食べても効果が出ない場合があります。今はヨーグルトの乳酸菌の種類も様々で、ヨーグルトの成分を見てみると入っている乳酸菌がヨーグルトによって全然違います。

 

ヨーグルトを食べて自分体に効果が出るまでに、だいたい24~74時間必要になると言われています。その時間内に、便通などが改善されなければそのヨーグルトは効果がなかったのかもしれません。始めてからすぐは効果が出ないので、最低3日以上は続けてみるのがいいでしょう。

 

体調不良が起こる場合がある

ヨーグルトは食べて体調不良を起こすという例が非常に少ないですが、ごくまれに軽い消化不良を起こしたり、お腹がゆるくなったりします。ヨーグルトは免疫力高める効果もありますが、逆にアレルギーを引き起こす場合もあるそうです。これは元々あったアレルギーではなく、毎日同じものを食べているのが原因で起こっているみたいなので、ヨーグルトの種類を自分が飽きないように変えてみるのもいいでしょう。

 

ヨーグルトパワーで元気いっぱい!

私たちにとって身近な商品ではありますが、意外とその詳しい効果まではわからないものです。ヨーグルト効果は健康や美容にも幅広くいい影響を与えてくれるのです。

 

  • 便秘解消
  • 不眠解消効果
  • 美肌効果
  • 疲労回復効果
  • コレステロールを下げる効果

 

ヨーグルトを食べるタイミングを気にする人も多いですが、栄養価の高い安全な食品なので基本的にいつ食べても大丈夫です。特にお通じを気にして食べ始める人が多いのです。その場合は就寝2~3時間前くらいに夜の食後にヨーグルトを食べることで、寝ている間に腸内が活性化するので朝のお通じがよくなります。いつ食べるというよりかは、毎日続けて食べることで体内にしっかり乳酸菌を取り入れることができるので、少しづつでも続けていきましょう

 

ヨーグルトは一見完璧な食品に見えますが、食べる際に注意も必要です。

 

  • 食べ過ぎない
  • 乳酸菌との自分の相性考えないと意味がなくなる
  • 体調不良が起こる場合がある

 

毎日同じヨーグルトを食べていてもそのうち効果がなくなったり、飽きてしまう可能性もあるので、種類を変えたり、果物やジャムなどを混ぜてもいいでしょう。食後のデザートにヨーグルトを取り入れて、彩り豊かな食卓にしてみるのもいいかもしれません

 

カテゴリー